Alert (アラート機能)

自動アクションによるアラート通知 EDMを使用してモニタリングするメトリクスがしきい値を超えた場合にアラートを発生することができます。アラートは運用状況に合わせてスケジューリング設定も行え、アラートの発生はメール発信、SNMP のトラップ生成、外部プログラムの起動等ができます。


柔軟なしきい値設定 しきい値の設定は、ユーザー設定、変化率、正規分布などに基づきメトリクスに対して複数定義するなどの柔軟なアラート設定が可能です。


ヒート・マップ・ビュー アクティブなアラートの状況はヒート・マップとして視覚的に表示できます。モニタリング対象環境の全体的な健康状態(ヘルスチェック)が一目でわかります。


リスト・ビュー ステータス・インジケータは、アラートのアクティブ、非アクティブを表示します。モニタリング対象のメトリクスが許容できるレベルに戻ったかどうか、アラートがどのくらい発生したかみることができます。


アラート・ノート 各アラートに対してコメントを記載することができます。コメントは複数記載することができます。


ヒート・マップ・ビュー


リスト・ビュー/アラート・ノート

時間システム 時間システム(Time System)を定義することによって、メトリクスに対して特定期間のしきい値を設定することができます。

  • 曜日による指定
  • 時間範囲による指定
  • 曜日、時間範囲の組合わせによる指定


外部プログラムとの連携 特定イベントに基づくユーザ定義のしきい値をモニタリングし、しきい値に基づきプログラムを実行することができます。 マクロを利用して、さまざまな情報を他のプログラムやバッチ・ジョブに引き渡すことができます。これにより、他システムと高度な連携をすることができます。