Report (レポート機能)

チャート表示 柔軟なチャート表示
EDMに収集されたメトリクスはクイック・チャート機能やレポーティング機能により可視化することができ、再描画する間隔を設定することができます。チャートの種類には下記のものがあり、ユーザーがチャートを定義し作成することもできます。

  • 線 (Line)
  • バー (Bar)
  • 領域 (Area)
  • 積重ね (Stacked Area)
  • カラム (Column)
  • 円 (Pie)
  • ズーム・ライン (Zoom Line)
  • 対数線 (Logarithmic Line)
  • 対数カラム (Logarithmic Column)
  • スプライン (Spline)
  • スプライン領域 (Spline Area)
  • 複数軸線 (Multi-Axis Line)


EDMチャート表示

外部ファイル出力
チャート表示されたメトリクス・データはCSV形式のテキストファイルへ出力することが可能なため、EDMで収集したメトリクス・データを他システムでも利用できます。

印刷機能
印刷機能を使用することにより、プリンタドライバーを利用してレポートを印刷することができます。


クイック・チャート機能 アドホックなチャート表示
サイトラインによってモニタリングされている任意のシステムまたはデバイスのメトリクス・データを素早くプロットすることができます。

イベント・データとの同期
クイック・チャートではチャートに同期してイベント・データが表示されます。タイム・シフトすることにより、任意の時間のチャートとイベント・データの状態を見ることができます。


レポーティング機能 複数チャート・レポート
複数のチャートを1つのページにまとめてレポート表示することができます。

ポップアウト・レポート
レポートを別々のウィンドウで表示することが可能です。それにより、ユーザーは対象システムのレポートのみを参照することができます。


レポーティング機能