Interface Agent for Oracle

SightLine Interface Agent for Oracle(以下、Oracle Interface Agentと略記)は、ユーザーに影響を及ぼす前に、パフォーマンス低下を通知する予防的サービスレベル・マネジメントを提供します。Oracle Interface Agentは、自動的に迅速かつ効率的に問題を解決するための是正措置を取ることができるインテリジェンス機能を備えています。SightLineは、Oracleデータベースをパフォーマンス・チューニングし最適なリソース・キャパシティでサービス提供を行うことを支援できます。


Oracle標準構成

データベース・アクティビティとシステム・パフォーマンスの革新的な分析/解析

ビジネス効率の最適化は、高品質なITサービスレベルに依存します。SightLineのパフォーマンスとサービスレベルに関する情報の分析/解析は、ユーザーに影響が及ぶ前に、サービスレベルのトレンドが劣化しつつあることを事前通知するリアルタイムのパフォーマンス・マネジメント・インテリジェンス機能を提供します。

迅速なレスポンスで、根本問題分析と解決を可能にするさまざまなデータベースおよびサーバーやストレージやネットワーク等のシステム・メトリックとの間の相関分析することができます。継続的に利用可能なサービスレベルの情報で、Oracleベースのシステムのための最適なサービスアップタイムおよびコスト削減を行うことができます。


データベースとシステムを最高パフォーマンスに最適化

Oracle Interface Agentは、アプリケーションの可用性、効率性、およびユーザー満足度を高め、小規模なWindowsベースのワークステーションからの複数サーバにより構成される大規模な分散型データベース・システムに対してパフォーマンス・マネジメント実現できます。Oracle Interface Agentは、関連するすべてのパフォーマンス・データへ容易にアクセスし、Oracleリソースのグローバルと詳細ビューをDBならびにシステム管理者に提供できます。


Oracleに対するシステム・リソースの影響度をモニタリング

システム管理者は、システム・リソース関するOracleへの影響を詳細に理解することが可能です。例えば、高コストなアプリケーションやバッチスケジューリングの競合は、直ちに、セッションごとにデータベースI/Oとシステムリソースの使用率をモニタリングすることで認識することができます。この例には、CPU使用率、データベースファイルのI/O、同時ユーザー数、Oracleのキャッシュヒット率、およびラッチ競合に関する情報も含まれています。


カスタマイズ可能なユーザインタフェース

SightLineのユーザインタフェースは、管理者や特定の組織のニーズに合うように直感的な解かりやすいユーザーインターフェースに、柔軟にカスタマイズすることが可能です。


SightLineによる高度な分析/解析/リポート機能

Oracle Interface Agentを利用して以下のような機能を提供します。

AutoCorrelate(相関分析機能)
システムのボトルネックなどの問題を迅速に識別して解決する根本問題分析を行うために、Oracleのパフォーマンス・メトリクスとOracleを含むITシステム全体のサーバーやストレージやネットワーク等のシステム・メトリックとの間の相関分析することができます。

AutoAnalyze(分析機能)
Oracleの稼働状況をチェックする際に、事前に定義されたルールや数式を使用することができます。分析/解析は、パフォーマンス低下やダウンタイムを事前に予防するためにスケジュールすることができます。

AutoInvestigate(診断機能)
非効率的なリソースの使用状況の期間などの逸脱したシステムやデータベースの動作を識別します。これによりデータベース安定稼動のための予兆検知を行うことが可能です。

AutoReport(レポート機能)
Oracleを含んだITシステム利用に関して必要に応じてレポートすることができます。またリポートは、日時、週時、月次等にスケジュールすることが可能です。レポートは、課金やジョブ・スケジューリングのためのシステムの使用状況について、利用ユーザに対してフィードバックを提供することができます。

AutoWeb(Webレポート機能)
イントラネットまたはインターネットを介して多様なユーザーにレポートを提供できます。

AutoAlert(アラート機能)
使用可能な空きストレージ・スペースおよびSQL*Netリスナーデーモンとして、重要なデータベース・オブジェクトの24時間365日のモニタリングを提供します。SightLineは、特定のニーズを満たすために、アラーム、電子メール、ポケットベル、SNMPトラップおよび外部プログラム起動等のシステム連携を使用して柔軟なイベント通知が可能です。


パフォーマンス・メトリクス

SightLineは300以上のアクティビティとOracleデータベース・システムに関連したパフォーマンス・メトリクスを収集できます。

  • User Stats - ユーザーレベルのアクティビティ
  • Redo Stats - Redoログファイルに関連するアクティビティ
  • Enqueue Stats - 待ち行列のアクティビティ
  • Cache Stats - キャッシングのパフォーマンスの有効性に関する統計情報
  • Parallel Stats - Oracle Parallel Serverのパフォーマンスをモニタリングするためのメトリクス
  • SQL*Net Stats - SQL*Netコネクション向けメッセージアクティビティ
  • OS Stats - 一般的なオペレーティングシステムの統計情報
  • File Stats - ファイルレベルの統計情報のアクティビティ
  • Latches - ラッチのアクティビティ
  • Library Cache - ライブラリキャッシュのパフォーマンスに関する統計情報
  • Shared Server - ORADB Shared Serverの統計情報
  • Dispatcher - Oracleディスパッチャのアクティビティ
  • Row Cache - Rowキャッシュのアクティビティとパフォーマンス
  • Wait Stats - ORADBの待機統計情報
  • SGA Stats - 共有メモリー構造のアクティビティとサイズを示す統計情報
  • Tablespaces - 表領域容量の統計情報
  • Rollbacks - ロールバック表領域の統計情報
  • その他

マネジメント対象
  • Oracle 10g, 11g