Power Agent for Microsoft Windows Systems

SightLine Power Agent for Microsoft Windowsは、Windowsプラットフォームで実行される主要なアプリケーションのパフォーマンス情報を収集してレポートします。このデータは、オペレーティング・システムのメトリクスと相互に関連付けされて、Expert Advisor/Vision(EA/V)やEnterprise Data Manager(EDM)により分析/解析が可能です。分析/解析結果はサービス・レベル・パフォーマンスのエンド・ツー・エンドのビューとして表示され、システム担当者は、アプリケーションやサービスの実行がWindwosシステム・リソースに対する影響に関して正確な評価/診断を行うことができます。


オペレーティング・システム統計のサンプル
SightLineは、Windowsの標準オペレーティング・システムのすべてのメトリクスの他、システム担当者が利用できる膨大なメトリクスを収集します。これらのメトリクスには以下のものが存在します。
  • CPU統計 – システムのプロセッサについて、グローバル統計および個々の統計情報がレポートできます。各CPUについて、%CPU、%User、%Privileged、および%Interruptタイムが提供され、それぞれのモードにおけるプロセッサのビジー状況を確認できます。さらに、DPC(遅延プロシージャ・コール)およびAPC(非同期プロシージャ・コール)統計もレポートできます。また、プロセッサのキューの長さとコンテキスト・スイッチ数とともに提供され、プロセッサ利用の混雑度をモニタリングできます。
  • メモリ統計 – パフォーマンスの深刻な問題を引き起こす最も一般的な原因の1つに、メモリ不足があります。SightLineでは、利用可能な物理メモリおよびページング・アクティビティがレポートされ、これらの情報を活用して、利用可能なメモリを評価することができます。ページ・フォールト・アクティビティ、キャッシュ・フォールト情報、ページおよび非ページ・プール・リソースも追跡され、システムのメモリ利用状況の詳細を確認できます。
    SightLineではキャッシュ統計をモニタリングし、キャッシュ・ページを取得・配信を効率化することによりシステムのパフォーマンスを最適化することができます。この中には、データ・マップ・ヒットやコピー読取りヒット率などのキャッシュを効率化するメトリクス、およびデータ・マップ・ピンやMDL(メモリ記述子リスト)統計などのキャッシュ・パフォーマンス統計が含まれます。
  • ディスク統計 – ディスク・アクティビティは、システム・パフォーマンスにとって重要であり、物理ディスクまたは論理ディスク統計のいずれでもレポートできます。ディスク・キューの長さ、I/O要求のサービス時におけるディスクのビジー時間のパーセンテージ、ディスク・スループット(KB)、転送数、および転送の平均時間をレポートすることができます。I/O要求は、読み取りおよび書き込み要求に細分化することができます。
  • ネットワーク統計 – Windows Serverプラットフォームは、アプリケーション・サーバとしても動作するネットワーク・オペレーティング・システム(NOS)です。サーバのパフォーマンスをモニタリングする上で、包括的なネットワーク統計情報が非常に重要です。SightLineでは、ブラウザ、ネットワーク・プロトコル、サーバなど、システムにインストールされているネットワーク・ソフトウェアの詳細情報をレポートすることができます。また、WINS ServerおよびMacFile Server統計もレポートされます。
  • ネットワーク・プロコトル – SightLineは、IP、ICMP、NetBEUI、NWLink IPX & SPX、TCP、およびUDPを含む広範なネットワーク・プロコトルに関する統計をレポートすることができます。一般に、ネットワーク・スループット・レート(KB単位またはパケット数)、フレーム数、フラグメント数がレポートされます。エラーになった接続や失敗した接続の統計情報を下に、ハードウェア障害を示唆するネットワーク障害を追跡できます。さらに、SightLineでは、RAS合計とRASポート・オブジェクトのメトリクスをレポートでき、リモート・アクセス・サービス(RAS)を追跡できます。
  • プロセス統計 – SightLineでは、一元的なユーザ定義の負荷として、複数のプロセスをグループ化できます。負荷を定義したら、すべてのプロセス情報を適用できるようになります。プロセスやプロセス・グループのサイズや優先度、そして生成されるスレッド数を考慮しながら、%CPUの利用状況をモニタリングできます。プロセス名が識別されていれば、プロセス統計の期間にサーバで実行されていたすべてのアプリケーションをモニタリングできます。
  • ブラウザ統計 – ブラウザ・サービスは、ブラウザ・リストを保持するように選択したすべてのマシンで実行します。ブラウザ統計により、サーバおよびドメイン・アナウンスメント、失敗したサーバ・リスト要求や、その他の要求タイプなどのエラーが発生したコンポーネントをモニタリングできます。
  • サーバ統計 – 「サーバ」とは、ローカル・コンピュータとネットワーク・サービス間のインタフェースとして動作するプロセスです。サーバ・アクティビティをモニタリングすると、ネットワークの混雑度を把握できる可能性が存在します。ネットワーク・スループットと正確なエラー・ログにより、ネットワークの状況をトレースすることが可能です。これらのメトリクスのレポートのほかに、PagedおよびNonPagedプールで使用されるメモリなどのサーバのプロセス統計もレポートできます。

サポートプラットフォーム:
Windows

  • Windows Server