Power Agent for UNIX and Linux Systems

メトリクス概要
SightLineは、UNIXオペレーティング・システムのキーとなるすべてのコンポーネントのパフォーマンス・データを収集してレポートします。CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク、ファイル・システム、およびプロセス情報を含むその他多くのメトリクスを収集できます。

ネットワーク統計
ネットワーク統計はコントローラ・レベルで収集されます。SightLineは、ネットワーク・トラフィック転送率、コリジョン(ネットワークの問題の兆候)、再送信数(コントローラの問題の兆候)、パケット数、トラフィック・ボリューム、TCP統計、受信パケット数/秒、送信パケット数/秒、コリジョン数/秒、および受信したIPパケット数/秒を収集します。

NFS統計
ネットワーク・ファイル・システム(NFS)メトリクスは、トラフィックおよびNFSオペレーション関連のオーバーヘッドに関する統計情報を提供します。SightLineは、コール・レート、ボリューム・レートおよびエラー・レートをレポートすることにより、NFSサブシステムのパフォーマンス問題等を早期には把握することができます。クライアントおよびサーバ統計には、コール、不正コール、読み取り数、および書込み数などが含みます。

RPC統計
RCPコールを生成するホスト以外のホストでモニタリングすることが可能です。リモート・プロシージャ・コール(RPC)メトリクスは、他のホスト間のプロシージャ・コールのボリュームと転送率の情報を提供します。クライアントおよびサーバ統計をレポートします。

ディスク統計
SightLineは、カーネルにより提供されるディスク統計をレポートします。UNIXプラットフォームによっては、ビジー・レート、トラフィック・ボリューム、キューの長さ、待機時間、およびサービス時間、読み取りレート、書き込みレートなどがレポートに含まれます。

ファイル・システム
ファイル・システムは物理ディスクにマウントされ、通常のUNIXマシンにおけるファイル・システム・スペースは、予め設定されており、簡単には変更できない場合が多いため、その使用状況をモニタリングすることは非常に重要です。スペースの利用状況のほかに、FSのトラフィック・ボリュームと使用されるi-node数もレポートできます。

TTY
TTYメトリクスは、ターミナル(端末)ラインの利用状況を記録します。SightLineはこれらのレートを数種類のフォームでレポートします。

CPU利用状況
グローバル統計とCPU統計が提供されます。UNIXのタイプによって、異なるモード・システム、ユーザ、待機I/Oがレポートされます。UNIXプラットフォームのタイプによっては、CPUの待機状態もリポートできます。

  • コンテキスト・スイッチング - コンテキスト・スイッチングは、システムのCPUサイクルをマネジメントする機能です。コンテキスト・スイッチングにより使用中のCPUリソース量が軽減され、ユーザからの処理要求をより効率的に対処できるようになります。グローバルまたはプロセスごとにコンテキスト・スイッチングのタイプとレートがレポートできます。
  • プロセス - どのプロセスが実行キューやスワップ・キューに配置されるのか、またそのレートをレポートします。実行、スリープなどの各状態にあるプロセス数やログインしているユーザもレポートできます。
  • システム・コール/リモート・システム・コール - システム・コールにより大量のシステム・オーバヘッドが発生します。システム・コールとは、システム・プロセスの代わりに実行されるルーチンです。すべてのシステム・コールのタイプとレートがレポートできます。

メモリ統計

  • メモリ - スペース利用状況、ページング、およびスワップ統計が含まれます。
  • スワップ - ページングおよびスワップされたメモリが存在するディスク・スペースに関する情報を提供します。システムによっては、スワップ・スペースが一杯になるとクラッシュする場合があります。ブロック単位でもスワップ・レートをレポートすることができます。
  • バッファ・キャッシュ - バッファ・キャッシュは、I/Oがキャッシュされるメモリ・ブロックです。バッファ・キャッシュにより、ディスクI/Oサブシステムのパフォーマンスが強化されますが、利用可能なメモリはその分減少します。読み取りおよび書き込みの両方のレート、エラー数、およびヒット数をレポートします。
  • ネーム・キャッシュ - ネーム・キャッシュは、最近使用されたi-node(ファイル・ヘッダ)をキャッシュするメモリ・ブロックです。ネーム・キャッシュにより、ファイルスペックへの変換で生じるシステム・オーバヘッドが削減されます。ただし、キャッシュではメモリが使用されます。ネーム・キャッシュのサイズとレートをレポートします。

IPC統計
UNIXプラットフォームのタイプによっては、プロセス間通信(IPC)に、メッセージ・キュー、セマフォー、および共有メモリ・プロセス間通信トラフィック・パラメータ(メッセージOps/秒、キュー・メッセージ、セマフォーOps/秒、システム内のセマフォーおよび使用中の共有メモリなど)が含まれます。

ストリーム統計
ストリームは、いくつかのUNIXプラットフォームで、ネットワークおよびノードのIPCを含む通信のための基本構造として使用されています。SightLineは、レート、使用中のストリーム数、およびバッファ・サイズごとの利用率をレポートします。

コールアウト利用状況の値
コールアウトは、タイマおよびその他の時間調整機能で使用されます。UNIXプラットフォームによっては、コールアウト・テーブルが一杯になるとクラッシュする場合があります。この情報は、コールアウト・テーブルと呼ばれるメモリ・ブロックに保持されます。メモリ・ブロックに格納されるコールアウト・テーブルの利用率統計をレポートします。

カーネル統計
このメトリクス・グループはUNIXプラットフォームによって異なります。SightLineは、カーネル構成およびパフォーマンスに関連するユーザが変更可能なすべてのメトリクスをレポートできます。

  • Process Age Interval Secs
  • Pg Steal High Mark
  • Pg Steal Low Mark
  • Min Non Swap Memory Pgs
  • Min Swap Memory Pgs

カーネル・メトリクス
このグループには、バッファとテーブルでのカーネルのメモリ使用量に影響を及ぼす、ユーザが変更可能なメトリクスが含まれます。たとえば、以下のメトリクスが含まれます。

  • I/O バッファ
  • ハッシュ・バッファ
  • システム・コールアウト
  • プロセス・テーブル・サイズ
  • 割り当てられているClist
  • 最大メモリ/ユーザ
  • 最大プロセッサ/ユーザ
  • 物理I/Oバッファ
  • ストリーム・バッファ

プロセス・レベル・データ
イベント・スコープはプロセス・レベルの利用状況をモニタリングするために使用します。

  • Pid# - プロセスID番号
  • Userid - プロセスの所有者となっているユーザの名前
  • Taskname - プロセスの名前
  • Usr% (ユーザCPU利用率) - サンプル期間で本プロセスが使用したユーザCPUの量です。マルチプロセッサ・マシンでは、すべてのCPUに関する本プロセスのCPU利用率の値になります。
  • Sys% (システムCPU利用率) - サンプル期間で本プロセスが使用したシステムCPUの量です。マルチプロセッサ・マシンでは、すべてのCPUにおける本プロセスのCPU利用率の値になります。
  • Cuser% (子ユーザCPU利用) - 本プロセスの子プロセスが使用したユーザCPUの量です。本プロセスの子プロセスが指定の期間内に完了した場合のみ値が表示されます。
  • Csys% (子システムCPU利用率) - 本プロセスの子プロセスが使用したシステムCPUの量です。本プロセスの子プロセスが指定の期間内に完了した場合のみ値が表示されます。
  • Size K (プロセス・サイズ) - 本プロセスが使用しているメモリ量(キロバイト)
  • Pri (優先度レベル) - プロセスの優先度レベル
  • Bread - この期間内に本プロセスにより処理されたブロック読み取り数
  • BWrite - この期間内に本プロセスにより処理されたブロック書き込み数
  • PgFlt - この期間内の本プロセスのページ・フォールト数


サポートプラットフォーム:
Linux

  • Red Hat Enterprise Linux
  • SUSE Linux
  • Ubuntu
  • Oracle Linux
  • CentOS

Unix
  • IBM AIX
  • Solaris
  • HP-UX