日本サイトラインシステムズ株式会社

会社概要

社名            日本サイトラインシステムズ株式会社
社名(英名)  Sightline Systems Japan K.K.
設立            2012年6月
代表者        代表取締役社長 中川 優介
事業内容    ITとIoT/IIoT環境に対してのエンタープライズ・パフォーマンス・データ・マネジメントとキャパシティ・マネジメント製品の販売、および、関連サービスの提供

Webサイト: https://www.sightlinesystems.co.jp
公式ブログ: https://blog.sightlinesystems.co.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/SightLineSystemsJapan/
YouTube: https://www.youtube.com/user/SightLineSystemsJP
Twitter: https://twitter.com/sightlinejapan

Sightline Systems社のビジョン

 お客様のビジネスシステムのパフォーマンスの分析と可視化により、そのシステムの稼働の最適化を可能にすることにより、お客様が提供するサービスを安全確実に社会(顧客企業や個人など)に届けることを実現いたします。

マネジメントの一元化

 Sightline Systems社はシンプルかつ強力なソリューションにより、今日の複雑なITシステムが抱えるさまざまな課題/問題の解決に向けて支援するとともに、ITインフラストラクチャのパフォーマンスを向上させるための技術が凝縮されたソフトウェアやサービスにより、企業全体にわたるITシステムのマネジメントを一元化するお手伝いをいたします。

パフォーマンス・マネジメント・プロセスの全体最適化

 リアルタイム・モニタリングや詳細レポーティング機能を通じて、お客様のシステム要件に合致した、シンプルかつセキュアな解決策を提供することにより、ITインフラストラクチャに関するパフォーマンス・マネジメント・プロセスの簡素化と業務効率の全体最適化を実現いたします。

コンセプト=統合モニタリングソリューション

 Sightline Systems社のソリューションは、アプリケーションやストレージ、データベースといったクリティカルなITシステム全体に対してプロセスレベルに至るまでのフォレンジック分析、CEP(Complex Event Processing:複合イベント処理)、ルート・コーズ・アナリシスや相関分析を実施する統合されたリアルタイム・モニタリング・インテリジェンス・ソリューションです。Sightline Systems製品の強力な分析機能は、異常な挙動や事象を発見し、そこから動的に生成される対処策を導くために、特定時間帯や連続的な過去のデータ、あるいはリアルタイム・データの解析と将来のトレンド分析を提供します。

  • リアルタイム・モニタリング・インテリジェンス・ソリューション
  • ルート・コーズ・アナリシス(根本原因分析)
  • 相関分析トレンド分析 現在/過去/将来にわたる柔軟なモニタリング/分析/解析
  • リアルタイム分析対応SCADA(産業用監視制御システム)
  • ITモニタリングプラットフォーム
  • IoT/IIoTプラットフォーム

お客様 – 導入実績

 Sightline Systems社は20年以上にわたってグローバル2000に属するお客様に、先進的なパフォーマンス・マネジメント・ソリューションを提供してきました。政府関係、金融証券、通信、航空、流通、製造、社会インフラ等、世界の15ヵ国150以上のお客様でモニタリング対象ノードが20,000個以上、関連メトリクスが数千にもおよぶ大規模な導入実績も存在いたします。
 近年は、本ソリューションを製造業を中心としたIIoT(製造IoT: Industrial IoT)分野のお客様に評価され、IIoTプラットフォーム構築のためのリアルタイム分析対応のSCADAとして広く導入をいただいております。

  • Fortune 50やグローバル2000に属する大企業にソリューションを提供
  • 15ヵ国200以上の企業および政府機関のお客様
  • 20,000個以上のノードやノードあたり数千のメトリクスの大規模システムでの導入実績
  • 製造業様のIIoTプラットフォームとしての導入実績

日本サイトラインシステムズ社のミッション

現在のビジネス環境

 現在のビジネス状況下において企業が競争優位を保つためには安定してサービスを提供出来るシステムのマネジメント、すなわち、エンタープライズ・パフォーマンス・データ・マネジメントの必要性が急速に高まっています。また、近年、加速度的に普及しているクラウドサービス、仮想化環境において、最適なシステムリソースの配置、需要予測を動的・静的に行う、キャパシティ・マネジメントも競争優位の情報システム基盤に重要な条件となっています。

ミッション

 お客様が社会に提供するサービスを実現するビジネス・プロセスを支えるITシステムのパフォーマンスとキャパシティを最適化することにより、お客様のサービスが高い信頼性と安定性を実現することを通じ、弊社としてより良い社会の構築に貢献していきたいと考えております。

会社所在地

住所

〒105-0004
東京都港区新橋 3-3-13 Tsao Hibiya 7F

最寄り駅

JR・東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩7分
都営三田線「内幸町駅」 A1番出口より徒歩4分