Sightlineソリューション

 現在のビジネス状況下において企業の競争優位を保つためには安定したITシステムの実現が重要課題となっています。そのためには、パフォーマンス・マネジメントやエンタープライズ・パフォーマンス・データ・マネジメントやビジネス、サービス、リソースに関するキャパシティをマネジメントを行う必要性が急速に高まっています。
 また、近年、加速度的に普及しているクラウドサービス、仮想化環境において、最適なシステムリソースの配置、需要予測を動的・静的に行う、キャパシティ・プランニングも競争優位のITシステム実現に重要な条件となっています。

パフォーマンス・マネジメント
パフォーマンス・マネジメント
エンタープライズ・パフォーマンス・データ・マネジメント

キャパシティ・マネジメント
キャパシティ・マネジメント

キャパシティ・プランニング
キャパシティ・プランニング

キャパシティ・プランニングの自動化
キャパシティ・プランニングの自動化

ユニファイド・モニタリング・ソリューション
サイトライン・ユニファイド・モニタリング・ソリューション

パフォーマンス・モニタリング
パフォーマンス・モニタリング

マネジメント・インフラストラクチャとコンポーネント

仮想化環境
 SightLineのソリューションは、仮想化インフラストラクチャを含むITシステムズ全体に関するパフォーマンス・マネジメントとキャパシティ・マネジメントにかかわるメトリクスをリアルタイムかつ適切にモニタリングすることが可能です。また、パフォーマンスとキャパシティの物理環境と仮想環境との間に存在するギャップを効果的にマネジメントするためのプランニング・ツールを提供することで、VMWareやCitirix/Xen、Microsoftその他の仮想化製品のポテンシャルを最大限に活用することができます。
仮想化環境
VMware
Microsoft Hyper-V
IBM AIX LPARS
Solaris Zones
Citrix Xen Server
KVM

ストレージ
EMC Strage Devices
ftScalable
HP EVA
NetApp
SMI-S compliant strage solutions

データベース
Oracle
SQL Server

Microsoft環境
Microsoft環境

Java環境
Java環境

モニタリング/分析/解析/リポート

テキスト・ログファイルからのメトリクス収集
 フォーマット(形式)化されたテキストベースのログファイルからパフォーマンス・メトリクスを収集できます。これにより、ユーザ・アプリケーション、ミドルウェア、OSコマンド出力等から収集可能なメトリクス情報をSightLineで透過的に取扱うことが可能です。
Interface Agent for Log File
テキスト・ログファイルからのメトリクス収集詳細

根本原因分析の自動化
 複雑なITインフラストラクチャにおいて発生した問題の根本的な原因を早期に特定し迅速かつ的確に対策/除去を行うための分析を自動化します。
根本原因分析(RCA)とは
Clairvor – 根本原因分析の自動化(Auto RCA)

相関分析
 ITインフラストラチャ全体に存在する大量のメトリクス情報の相関関係を高速かつ的確に導き出すことができます。システム全体のメトリクスを素早く分析することによりルート・コーズ・アナリシス(根本原因分析)を容易にし、問題と原因を正確に特定して担当者が迅速に問題解決すること支援します。
Correlate(相関分析機能)

インバリアント分析
インバリアント分析連携ソリューション

SCADA – マニファクチャリング・インテリジェンス・ソリューション
マニファクチャリング・インテリジェンス・ソリューション

OPC UA クライアント
OPC UA クライアント

File Connection
File Connection

Sightline DB
Sightline DB

米国連邦政府向け
米国連邦政府向けサイトライン・モニタリング・ソリューション

パートナー・ソリューション

パートナー・ソリューション詳細