会社概要 page

日本サイトラインシステムズ株式会社

会社概要

社名            日本サイトラインシステムズ株式会社
社名(英名)  Sightline Systems Japan K.K.
設立            2012年6月
代表者        代表取締役社長 中川 優介
事業内容    ITとIoT/IIoT環境に対してのエンタープライズ・パフォーマンス・データ・マネジメントとキャパシティ・マネジメント製品の販売、および、関連サービスの提供

Webサイト: https://www.sightlinesystems.co.jp
公式ブログ: https://blog.sightlinesystems.co.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/SightLineSystemsJapan/
YouTube: https://www.youtube.com/user/SightLineSystemsJP
Twitter: https://twitter.com/sightlinejapan

Sightline Systemsのソリューション

 データのモニタリング・可視化・分析・機械学習による異常検知、予兆検知、根本原因分析、予防保守、キャパシティプランニングを実現します。 

 

日本サイトラインシステムズ社のミッション

 日本市場のニーズをSightline Systemsのソリューションに反映させます。 

  Sightline  Systemsのソリューションを日本市場でパートナー様とともに販売します。 

  ご導入に向けたプロフェッショナルサービスをご提供致します。 

  ご導入後の保守サービスをご提供いたします。

Sightline Systemsのソリューションの導入実績

 Sightline Systems社は20年以上にわたってFortune 50やグローバル2000に属する お客様に、先進的なパフォーマンス・マネジメント・ソリューションを提供してきました。政府関係、金融、証券、通信、航空、流通、製造、社会インフラ等、世界の15ヵ国200以上のお客様でモニタリング対象ノードが20,000個以上、ノードあたりの関連メトリクスが数千にもおよぶ大規模な  導入実績がございます。

 ・ Fortune 50やグローバル2000に属する大企業にソリューションを提供
 ・ 15ヵ国200以上の企業および政府機関のお客様
 ・ 20,000個以上のノードやノードあたり数千のメトリクスの大規模システムでの導入

お客様

金融/証券業・旅行/観光業・政府/自治体・流通/小売業

 ITシステム、巨大ネットワークシステムなどお客様のビジネスシステムをモニタリングし、蓄積された  過去のデータとリアルタイムのデータを活用して、パフォーマンスの予測・傾向分析、可視化、異常  検知、根本原因分析そしてキャパシティ・プランニング・予防保守を実現し、ビジネスシステム稼働  の最適化を達成しております。

製造/エネルギー/その他の産業

 インダストリー4.0とIoTによって製造現場のデータはこれまで以上に充実してきています。工場の  環境データ、製造装置のデータ、材料、半製品などのデータなど、本来活かされるべき蓄積された  過去のデータとリアルタイムのデータを、安定した製造工程の維持や製品の品質維持・向上に繋  げるため、ITシステムや巨大ネットワークシステムでの経験と実績を活かしソリューションを提供する  ことが重要なミッションだと考えております。装置等の予防保守を実現し、計画外停止を最少化す  ることにより、コストを削減すると同時に計画通りの生産量と品質を達成するためのソリューションと  してご利用いただいております。

水産養殖業

 弊社のソリューションは、海面養殖業の現場での生物資源量(バイオマス)の最適化と漁獲  高の向上をご支援いたしております。生け簀を取り巻く自然環境や、各種規制の順守、生け簀内  の藻の発生状態、給餌パターンと成長過程の把握など、リアルタイム・モニタリング、過去のデータ  の分析に基づく生け簀内外の環境や魚の状態などの予測(機械学習ソリューションによる)に活  用されています。

会社所在地

住所

〒108-0023
東京都港区芝浦3-5-39 田町イーストウィング4F

最寄り駅

JR「田町駅」芝浦口(東口)より徒歩2分
都営浅草線・三田線「三田駅」A4出口より徒歩5分