IIoT/製造業向けインテリジェンス
マニュファクチャリング・インテリジェンス・ソリューション

製造業に時系列データを価値ある情報として利用可能

 製造業における生産/製造システムや、IIoTシステムから生成される膨大な量の時系列データを価値ある情報として提供することができます。
 膨大な量の時系列データを、収集、可視化/分析、蓄積、レポートすることで、お客様の製造に関かかわる意思決定を支援することが可能な有益な情報として提供いたします。マニュファクチャリング・インテリジェンスは、製造現場からリアルタイムで発生するデータのみならず、お客様の環境下で長年にわたって蓄積されたデータを活用し、意思決定を行うための過去・現在・未来予測などの視点を提供いたします。
 製造業向けSightline EDM(Enterprise Data Manager™) が、全製造工程にわたるリアルタイムな時系列データ収集、可視化/分析を行い、全体最適を行うための有益な情報を提供します。工場の生産性向上と品質向上を実現するIIoT指向のマニュファクチャリング・インテリジェンス・ソリューションです。

分析対象

  • リアルタイム収集データ
  • 既存のデータ

マニュファクチャリング・インテリジェンス・ソリューションの利点

  • パフォーマンス問題の予兆検知をするために、リアルタイムでデータの分析(ミリ秒単位のデータ分析)を行うことが可能なソリューション
  • 機械学習による予測機能により潜在的な問題を発生前に特定することにより、プロアクティブな体制を実現
  • 高度なカスタマイズが可能でユーザフレンドリーなデータ分析ツールによる自動化された相関分析や根本原因分析(RCA)など迅速な調査を実現
  • 使いやすいインタフェースでプロセス(工程)に可視性を提供 – ボトルネックの特定と排除によるサプライチェーンの高速・安定化を実現
  • オペレーション(生産過程~工場の操業状態)に対する高度な可視化を提供、生産効率の向上と品質の向上の双方を実現
  • 不要な廃棄や再加工を避け無駄を排除しコストを削減
  • OPC-UA対応による工場内システム(製造/設備システム)おけるデバイスやサブシステム間のインタフェース障壁(プロトコルギャップ)を排除(コネクティビティ確保)

製造業におけるデータ格納の効率化とモバイル利用

 マニュファクチャリング・インテリジェンス・ソリューションは、データを各地点でローカルに保存しながら、セントラル・リポジトリを介してオフサイトからタブレット等のモバイルデバイスを活用して、必要なすべてのデータにアクセスできるという特徴を持つソリューションです。

  • 製造業のデータは膨大な量であり、すべてを転送するためにネットワークの帯域幅に大きな投資をするか、データを抑えるために集約することによりデータ品質を犠牲にするのが一般的
  • 本ソリューションは生産ライン、生産プロセス等の各設備単位に「Micro Cloud」を設置することにより、多大なコストをかけずに膨大な時系列データを長期にわたり蓄積・保存し活用が可能

BIツールとの連携活用

 IIoTシステムや製造システムから、リアルタイムで収集した時系列データを既存のBIツールに連携して受渡し、BIツールで分析した結果から導き出された結果に基づいた数式やルールを、本ソリューションに設定することにより、より高度な生産プロセス・サイクルの実現が可能となります。


サイトラインのソリューションに関してもっと詳しく知る