Clairvor – Auto RCA

Sightline Clairvor – 根本原因分析の自動化

 Clairvorは、複雑なIIoTシステムやITシステムにおいて発生した問題や事象の根本的な原因を早期に特定し迅速かつ的確に対策/除去を行うための根本原因分析(RCA: ルートコーズアナリシス)を自動化する次世代のソリューションです。

Clairvor特長

  • 高度な相関分析機能
  • 関連する複数データ・ソースに対する自動分析機能
  • これらの機能による深掘りが可能
  • 可視化による問題把握支援
  • 組み込まれた問題分析ナレッジによる問題把握支援
  • 早期解決とノウハウの蓄積

Clairvor – 迅速かつ明確な原因特定

 Clairvorは必要なときに、IIoTやITシステム環境の深淵で作用している事象を可視化します。
まるで水晶球を覗き込み物事の本質かつ根源を見渡す透視/千里眼(Clairvoyance)のごとく、Clairvorはシステム環境全体を見通し、発生した問題が連鎖反応的な悪影響を引起し最悪のシステムダウンに至る前に、根本原因を迅速に分析/診断し解決を支援します。 さらにClairvorの記録機能を利用することで、障害時識別段階の解決手順を記録することが可能ですので、類似障害が発生した場合の解決方法のヒントを得ることができます。原因の特定と解決の時間の短縮により、生産性の向上を図ることができます。

透視/千里眼(Clairvoyance)

Clairvor – 根本原因分析の3ステップ

 Clairvorは、3つのシンプルなステップでシステム環境に対する根本原因分析(RCA)を行います。問題/事象発生の予兆を検知し、アラート発生(トリガーアラート)からほんの数分で診断/分析を行い問題解決や原因追求の支援を行います。
 システム担当者は閾値違反により発生したアラートを統合コンソールで受けることができます。アラートが発生したシステムに対して相関分析をした後に、関係する全システムやサブシステムに対して相関分析を行うことが可能です。これらにより最も可能性がある原因を特定することができます。
 Clairvorの記録機能を利用し、アラート発生に対し調査分析した事柄や解決方法を記録することができます。問題発生の最も初期段階からClairvorを利用することにより、問題解決の時間を短縮することが可能です。

相関分析の自動化
逸脱度分析/相関分析/Clairvor

Clairvor – Auto RCA(根本原因分析の自動化)の資料

Correlate – 相関分析

根本問題分析(RCA)ソリューション

Clairvor – Auto RCA
データシート