AutoInvestigate – 逸脱度分析

Sightline AutoInvestigateは通常から逸脱した特異点/異常点を分析/抽出

 特定時間内のメトリクス(タグデータやITシステムから得られたデータ)の挙動パターンに着目し、通常とは違う振る舞いをしたメトリクスをその発生した時間帯を分析検知します。
 通常は、アラート設定や可視化を行わず着目していなかったメトリクスが、潜在的な問題や有益な事象のトリガーとなる可能性を発見することができます。

メトリクスの逸脱度分析

 Sightline EDMのAutoInvestigate(逸脱度分析) では、特定時間帯における通常とは異なるメトリクスの挙動パターンである特異点/異常点の分析と抽出、対象のすべてのメトリクスに対して高速に行えます。

システムやサブシステム全体を分析可能

 対象メトリクスを含むシステムのメトリクスだけでなく、指定したサブシステムや関連システムから、すべてのメトリクスを逸脱度分析対象とすることができます。

メトリクスの複合的/統合的な対応

OPC UA, Sightline PA/IA、CSVファイル等から収集したメトリクスを区別なく統一的に処理することが可能です。これにより、PLC/DCS、生産機器、センサー等から収集したパフォーマンス/イベント情報、あるいはサーバー、SNMP対応機器、データベース、アプリケーションから収集したパフォーマンス/イベント情報を複合/統合的にモニタリング、解析/分析することができます。


逸脱度分析/相関分析/Clairvor

AutoInvestigate – 逸脱度分析に関連する情報

Correlate – 相関分析

根本問題分析(RCA)ソリューション

Clairvor – Auto RCA